宮島 錦水館
錦水館は大正元年(1912)創業で、おかげさまでもうじき百周年を
迎えようとしています。その記念事業の一環として「もみじ饅頭に続く
宮島新名物になるようなものを作りたい」との計画は、2008年秋から
スタートしました。

「旅館の味を生かせる食べ物」「だれもが気軽に食べられる値段」
「これまで宮島にない味」等々、厳しい条件の中から思いついた商品が
「広島や宮島にちなんだ蒸饅頭」でした。


旅館でお出しする料理は日本の食文化の結晶ですが、だれもが日常的
に味わうことはできません。多くの観光客に、もっと気軽に錦水館の料理
を味わっていただけるよう「牛まん」「穴子まん」を開発したわけですが、販
売する店舗が老舗旅館のままでは、敷居が高く感じるかもしれません。
そこで「店舗もカジュアル化しよう」ということになり、「蒸まん」専用の店舗
をつくり、屋号を「○錦本舗」(まるきんほんぽ)とすることにしました。


商品開発
オリジナル商品を開発するとはいえ、旅館の厨房内に蒸饅頭の製造
工程を持ち込むのは難しいことから、信頼できる饅頭工房さんにご協力
を願い、「広島や宮島へのこだわり」と「錦水館らしい味付け」を追求しな
がら試作を重ね、ついにこのたび新発売と相成ったのです。

末永く皆様に愛される商品に育てるには、これからも皆様の声に耳を
傾けながら研鑽を重ねていくつもりです。
店舗と屋号に込めた思い
「牛まん」「穴子まん」は誰もが親しみやすい味であり、どこか懐かしく
感じる味です。店舗もそれにふさわしく、親しみやすさと懐かしさを
感じる昭和30年代の饅頭店をイメージした店舗と屋号にしました。

どこで食べるか
店舗前に縁台を用意しておりますので、ご来店の方はそこに座って
お召し上がりいただけます。また、参道を歩きながら食するのもよろしい
かと思います。ゆっくりと食べたい方は旅館の1階のお休み処でも
ご提供いたしております。
遠方のお客様には、風味を損なわない特殊包装でご家庭で宮島の味を
お召し上がりいただけるよう工夫いたしました。


蒸したてが一番
店舗内に、専用の蒸し器を用意しました。
(無粋なので、見えないようにしております)。注文を受けたら蒸し器の
中から、熱々の一個を取りだし、専用の紙パックに包んでお渡ししています。
通販商品には特殊包装をし、そのままご家庭の電子レンジで蒸したてを再現
できるようにしています。

○錦本舗より
開店以来、お客様から「持ち帰りしたい」「地方発送したい」との声を
多く頂戴いたしています。
そこで、持ち帰り箱」や「冷凍技術」を開発いたしました。

また、「蒸饅」だけでなく、飲み物や甘味などの新商品も研究中。
次にどんな商品が店頭に並ぶか、楽しみにお待ちください。

宮島○錦本舗ED
広島県廿日市市宮島町1133 お問合せ(0829)44−2131
年中無休 お店営業時間 朝10時〜夕方6:00 インターネット通販24時間受付